自由気ままな美容院作り

美容院専門の設計事務所です。今までたくさんの独立に立ち会う中で気付いたノウハウや、事務所での日常を少しだけ公開します。

スポンサーサイト 

--/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

売れる店の設計 

2015/12/14

もう今年も終わりそうです。

来年こそは、もっと書こうと思います。

設計に関する話。

美容院を設計するにあたり、最も重要なことは平面図です。

平面図7割、デザイン3割くらいの比重で平面計画が大事なのです。

その美容院がどれだけ売れるかは、当然セット椅子の数よって決まります。

地域によっても変わりますが、1席あたりの生産性を80万として設定するなら、そこに1席作ることができるか否かで月の売り上げが80万変わるわけです。。。。

しかし、席をたくさん作れば良いという訳ではなく、1席あたり80万円を売ることができる動線を作らなければ、全く意味がありません。

つまり、その物件のもっているポテンシャルを最大限に活かすことのできる平面図を作成できれば、7割は完成したも同然なのです。

夢にまで見た独立で、デザイン性のある店舗を作りたい気持ちをぐっとこらえ、まずは平面計画から始めましょう。





スポンサーサイト
[ 2015/12/14 ] ノウハウ | トラックバック(-) | CM(0)

流行るお店と流行らないお店の違い 

2015/05/30

流行る店と流行らない店の違いはどこにあるのか?

集客のテクニック?
技術の高さ?

弊社で設計してもらったお店に、定期的に顔を出すようにしており、時には髪を切ってもらうようにしている。

流行っているお店は、とにかくスタッフの感じが良い。
みんな代わる代わるに笑顔で挨拶しに来てくれる。

自分は、美容師ではないので、技術的に優れているかどうかは、申し訳ないが判断はできない。

帰りに際にも、スタッフの子たちは『いい感じになりましたね』とか、声を掛けてくれる。

また来たいなぁって思わせてくれる。

流行らないお店はその逆。

スタッフは、自分の担当するお客様以外には無関心。
無関心のスタッフに対して、オーナーも無関心。。。。

とにかく、感じが悪い。。

いくら集客を頑張っても、また来たいと思わないから、1年後には、その差は歴然となる。

やっぱり、雰囲気がよい場所に人は集まるなと、再確認させられる。

流行るお店と流行らないお店の違いはまさに『雰囲気』です。

集客を頑張れば、流行ると思っていませんか?
技術を磨けば、流行ると思っていませんか?

元気に笑顔で挨拶して、お客さんが喜ぶことを当たり前にやる。
それが『雰囲気』を作り、流行るお店になるのです。



[ 2015/05/30 ] ノウハウ | トラックバック(-) | CM(0)

独立したいと思ったら 

2015/04/30

独立をしようと思ったらまず最初に何をするか?

物件を探すこと
スタッフを探すこと
金策をすること、、、、、、。




答えは『その独立が本当に必要か?』を考えるです。

多くの独立を考える方の相談を受けていると、本当に独立することでしかその思いを叶えれないのか疑問に感じます。
今、働いているお店の体制に不満で、その状況を打開する手段として独立を選んでいるだけではと、、。

アシスタントから始まり、スタイリストデビュー、店長を経験し、会社のマネージメントを行うポジションになる。
ここまでいくには、スタッフをまとめる能力、数字を管理する能力などなど多くの能力が要求されます。

それに比べて、独立は簡単です。
お金があれば、すぐにできますから、、、。

独立したいと思ったら、まずは一呼吸し、その独立が本当に必要か考えてみましょう。

今の店の体制に不満で独立したいだけなのか?
不満をもっているのに、それを変えることができない自分に不満なのか?
転職してすれば、今の不満は解消されるのでは?

独立したら家族、スタッフ、関係者に対し、『立ち上げた責任』が発生します。
儲からないなら辞めれば良い訳ではありません。

自分の将来を見据え、独立することでしか叶えられない思いを固めてからでも遅くはありません。




[ 2015/04/30 ] ノウハウ | トラックバック(-) | CM(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。