自由気ままな美容院作り

美容院専門の設計事務所です。今までたくさんの独立に立ち会う中で気付いたノウハウを少しだけ公開します。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

集客できる写真 

昨日は仲良くしていただいてるサロンさんから
「セットの練習を他のサロンの子達と合同でやるから遊びにおいでよ」ってことでしたので豊田市に行ってきました。

久しぶりに目の前でのモデルさんを使った実戦形式の練習風景で新鮮でした^_^
セットの練習だったんですが途中からカメラマンさんが登場していつの間にか撮影会になりました。

写真は集客媒体のスタイリスト写真、モデル写真と使用するそうです。

プロが撮られた写真なので当たり前ですがスタイリスト写真でもクオリティーが違い過ぎる…………

【集客できる写真だ!】と思いました。
プロに頼まないといけないとは思いませんが良い感じの写真は必要ですね^ ^



スポンサーサイト
[ 2016/10/14 09:49 ] 未分類 | トラックバック(-) | CM(0)

やはりブログは打率を高める 

久しぶりに豊川、豊橋のサロン達とゴハンを食べながら色々とお話しをしてきました。一緒にいたメンバーはオーナーさん×6名と来年に開業し3年後にサロン兼自宅を予定している方×1名です。

現在オーナーさんの方々の悩みはやはり求人と集客。どこの地域でも悩みは同じですね。 集客についてのお話しの中で各オーナーさんでの違いはブログをやっているやっていないで集客数が違うところでした。以前、豊田市のサロンもブログをやり始めてから集客数にあきらかに変化が見えたと言われてましたのでやはり地域問わずサロンの内外装、スタッフ写真など表面だけでなく中身もわからないと選んでもらえない!

ブログをやっているサロンさんの話を聞くたびにサロン側から中身を見せることの大切さをまた実感しました。
日々のブログはいつも長文とは限らずにちょっとした事、施術後のお客さんのヘアースタイル、気付いた事。ちょっとした内容でも日々の更新でどんな人、どんなサロンなのかが分かるのが大切ですね^_^
手間ではありますが慣れるまでだと思いますので頑張りましょー

[ 2016/10/07 10:56 ] 小人 | トラックバック(-) | CM(0)

前回の続き 

前回の続き

多くの人は、仕事は知識、経験を積んでいくことにより、成果を得られるという加点法の考えです。



私もそうです。いろんな知識があり引き出しがあればあるほど良いものだと思ってました。

しかし、【知行合一】の論理に照らし合わせれば、やらなくても良いことを選択していくこと。つまり減点法が成果を得るための最短ルートといえます。

世の中の90%の人は、加点法で生きてます。



はい!私もそのうちの1人です。

早く抜け出したい(^_^;)

減点法で物事を考えれる人間になれば、効率的、かつ大きな成果を得られると思いました!

今までの考えから頭を切り替えて効率的に仕事ができるようになればお客様、会社に迷惑をかけることなく全ての人に気持ちよく成果がだせると思うので体質改善です!!



[ 2016/10/05 14:12 ] 未分類 | トラックバック(-) | CM(0)

考え方 

【知行合一 】と言う言葉、意味を教えていただけました。
【知行合一】とは簡単に言うと
どれだけ勉強したり経験したりして知識を得たつもりでも、行動を伴わなければ、それはしらないと同じということ。
仕事に応用すると
使う予定のない知識は、不要なので得る必要もないということ。
つまり
勉強したり、経験したりして知識を得た結果が、成果に繋がるわけではなく、成果を予定し、それに必要な行動を考え、得なければならない知識を限定しなければ成果に繋がらないということ。

今の自分の行動と照らしあわせるとまさに自分のこと!
仕事の仕方に対しての考えが変わりました。常に【 知行合一 】を意識し全体を見ながら先のことを考え予定しながら仕事をしなくては非効率で成果を得られないと思いました。
今までの考えを早急に改めないとと思いました。
[ 2016/09/30 14:47 ] つぶやき | トラックバック(-) | CM(0)

相談 

こんにちわ
メニュー料金についてよくご連絡をいただいたり、サロンさんを訪問した時によく聞かれます。
お値打ち店に対抗したり、手っ取り早く集客ってことで値引きに頼るのはダメですよね。
価格で来客されたお客様、簡単な方法で来客されたお客様の定着はとても難しいです。新規の集客はカルテ枚数を増やすために必要な事ですが失客数を減らす方が優先かと思います。
サロンの空気、サービス、技術、どれが問題なのか仲の良いお客様に聞いてもいいと思います( ̄^ ̄)ゞ
直接お客様に不満の声をお聞きするのは心苦しいですが直接なので早く不満点を集めることができるので改善までの動作も早くなると思います。

[ 2016/09/26 15:57 ] つぶやき | トラックバック(-) | CM(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。